2007年03月号
脳天気 農文化
発行;庭しんぶん
庭プレス社
e-mail

070331 シリーズ農字 05「草」
 くさかんむりの古い字体は「艸」と書き「くさ」をあらわす。それと「早(そう)」(どんぐりの形)を組み合わせた「草(そう)」は、くぬぎなどの実をあらわして「くさ」の意味ではないが、のち「艸(そう)」のかわりに「草」の字を借りて「くさ」をあらわすようになった、とのこと。
 農的だからな、と関連しそうな部首を辞書で見ると、あるある。このコーナーが今後やれるかどうか心配になる。くさかんむりの付く字は手持ちのハンディな漢和辞書には約170、コンピュータの文字パレット(egbridge)を見ると500余りが...。

 「草」の、私的な思い出で恐縮だが、この北海道に着いたばかりのころ、20年余年前に木工家Oさんに出会った。彼も内地から移住したばかりで「挽きもの」を専門にしていた。私はよせばいいのに当時建築のほかに家具なんぞこしらえていて、二人でその材料の木だとか技術だとか美だとかについて、互いの粗末な作業場でよく話し込んだ。目標と思われた先人が重なったり同じ傾向の本を読んでいたりして気が合った。魅かれたといえば少し違うのかもしれないがなんだか同士のような気分だった。
 ただ、今となってみるとどれほど相互作用があったのか自信がない。ただただ自分の姿を写せる鏡のようなものを欲しがっていたのだという気がしないでもない。それが若さってやつなんだろうか。
 彼はどうなんだろうかというと、もう何も確認しようがない。あっと間に他界したから。「血液がヘンだっていうんだ。」と入院前日にやってきて、パートナーが用意したじゃがいものパイを「ご馳走だ。」と平らげ、そうして帰ってこなかった。
 彼はじぶんの仕事場を「草の実」と名付けた。私は雪解けの時期になると彼を思い出し孤独に襲われる。

(ナガタ・ま)

070328 シリーズ農字 04「科」
 「禾」(穀物)と「斗(と)」(ます)とを合わせて、穀物をますではかりわけていることをあらわす。そこから「等級」「区分」の意味に使う、とある。

 今日の新聞トップには「道徳」の授業を教科に格上げしようということが政府の方針として出されたことが報じられている。国家による教育のコントロールは、特にその枠組みについて、規格・制約を強化することは愚と言うしかない。言葉はいいようにもてあそばれる。「修身のように先祖返りするものでない」と首謀者は言う。そんな言い分けがましいことに興味はない。それよりもこういったことが新しい時代の機運かどうかを評価すべきであると考える。
 クニはいつもひとびとを率いようとする。間違っている。クニによる教育支援は、読み書きそろばん、そして自然科学という基礎的なものにウエイトが置かれるべきだろう。そこがたえずぐらついているのだ。
 わたしたちはわたしたちの主人として強く自立を意識せざるを得ない。

(ナガタ・ま)

070328 シリーズ農字 03「美」
 “「羊」と「大きい」とを合わせて、よく肥えた大きな羊のように、かっこうが良い、りっぱだということをあらわす”と辞書。「大きい」は別に「人」の意もあるのではないか、との知人説も。

 「美しい」と「肥える」の関係は現在の日本では受け入れに抵抗があるだろう。街行く女性たちの極細なことったら、漢の国の人に言わせたらきっと「美しくない」。
 極細で思い起こされるのはモデルのトゥイギー。マリー・クヮントがミニスカートを発表したのは1960年代。トゥイギーはその旗手だった。“性差を表現することに傾注するばかりだったファッションが新しい時代に入った。ミニはスカート(という表現)を消し、新たなニンゲン誕生のシンボルになる”と言い放った作家が当時いた。彼も危惧したように、それはあっという間にマーケットに回収され風俗の扉の中に幽閉された。特に日本において。
 昨今「美しい」を連発する政治家がいるが、これはナチスを引き合いに出すまでもなくスローガンとしては失格である。私たちは「美しさ」にひれ伏すことはないし「美しさ」に盲目であってはならない。その基準は多様でありその決め方もまた多様であるはずである。少なくともそのモノサシは創造的に構築される必要がある。「理屈抜きで美しい」なんぞというのは酔っぱらいのたわごとである。
 「キレイ」、「カワイイ」という現代の風俗語も、そうであるものとそうではないものの単純な、だからわかりやすい区分けの表現であろうか。自主的に首輪をつけひもを結んで安心したいのだろうね。たまにひもをはずして逃走する我が愛犬・ゴエモンにそのキモチを尋ねてみねばなるまい。

(ナガタ・ま)

070313 シリーズ農字 02「農」
 シリーズ2回目にしてこの新聞の勲章みたいな文字の登場であります。大意は「林」を「田」にかえたもの、耕作をすること。重ねて「くさぎる(耘る);田畑の雑草を除き去る」とあります。云の左は「すきへん」で、これは農具・鋤(すき)です。博物館でなければお目にかかれないモノにちなんだ文字は化石のようなものでしょうか。

 木村茂光さんは「ハタケと日本人(中公新書1996刊)」の冒頭、畑・畠の字は漢字を翻訳して作られた国字(日本で作られた)である。オリジナルの漢字でハタケは「圃」で、家屋の周囲に存在した小規模な畠作地を指す。畠の広大なものとしては「田」という字が該当し、それは現在の日本でいう水田とは一線を画する、等興味深い指摘をしています。
 寒冷地・わが北海道についヨーロッパの風土性を重ねてみたりするわけですが、隣の中国、その随や唐という古代帝国は(寒い)華北がその中心であって、その核心にコメ(の支配)はないはずです。
 ほかほかご飯の世界から遠くへ行こう!

(ナガタ・ま)

庭プレス・トップへ