2010年09月号
脳天気 農文化
発行;庭しんぶん
庭プレス社
e-mail

100928 シリーズ農字 27「茶」
 もとの字体は、草かんむりの下が「余」。「くさ」かんむりと音を示す「余(よ)」(にがい)とをあわせ、苦みのある木の意味をあらわした、のだそうです。辞書には「のち、字形と音を少し変えた“茶”の字に変化した」みたいに書いてある。いつ、どのように?に興味を持ちますが、調査していません。

 お茶の木はつばき科の常緑低木です。が、その熱帯・亜熱帯の象徴みたいなものは、わたしが生まれ育った北辺・蝦夷の国にはありません。だいたい多くのツバキ科は日本が北限といいますから、ツバキ科のない場所は日本じゃありません。なんちゃって。
 わたしが小さいころから親は宇治から通販でお茶を買い、大事そうにしていました。ま、子どもはお茶にご縁がないので、関心も持ちませんでしたが。
 ただ、お茶どころ・静岡のオトモダチは、朝起きてまず緑茶でありました。きっとガキンチョのときからそうだった、みたいに見えたのは彼の性格なのか、そもそもそうゆー風土なのか、これも未調査です。紅茶とかコーヒーとか、ましてやミルクティーやカフェオレ、ではないのでした。

 お茶にご縁がない、半世紀前の子どもの飲み物と言えば(相当アヤシイ)粉末ジュース、その後あるいはコカコーラなど(缶ジュース以前ですな)。粉末ジュースはなんといっても"ワタナベのジュースの素”。パインやぶどうとともにオレンジがあって(それがダントツ)、それと果物のみかんというものが相当に違っているという実感を持って飲んでいたことを、うっすら憶えています。果汁○○%みたいな話ではありません。もしも会社・ワタナベが極力本物らしくを目指した製品だったらそんなに社会にウケてはいなかっただろうと思います。大袋の姿もそうだし、味がなんというか、いかにも工場で作ったぞ、でした。もしかしてそれは社会の高度成長の渦にこのジュースで誘引されるかのような...。買えば、社会参加の切符を手にしたかのような...。
 そういったその何年かのうちに一生分飲んだとでも言うか、あんなマズイもの今では手も出ませんが、当時どのくらいおいしいと実感していたのか...、もう記憶はあいまいです。きっとおいしいから飲んだ、のではなく、あったから飲みたかっただけなんでしょう。かね。目で飲んだ、というか。それにしても一生分ですから、相当に体の芯からイカガワに染まったということになるでしょうか。

 そう、あったあった。高度成長期はどんなものでも作り出した(わけだし、今もだな)と思います。“必要”かどうかなんてあらかじめ存在するものじゃなく、それは(も)作り出すべきもの(創造の産物)になっていた。し、社会に生きることは、それらをなんでも買えるように“成長”することだった、ですよね。そんなふうに、きっと世界でいちばん律義にそれをこなした結果、日本はチョー豊かになり、そしてその創造ってものが結果させた天まで届くガラクタの下敷きに今なりつつある、のですね。

 お飲み物からやや話はそれますが、寒地・蝦夷の国では暖房が半年は必要です。
 いつまでも灯油を燃やすのはエコじゃない、という昨今、ある地方都市は新築の一戸建て住宅のほぼ100%がオール電化になった、そうです。スイッチ・ポンで便利・安全。そして支払う料金も灯油と大きな違いはない。
 でもこれも粉末ジュースかコカコーラであって、あるから(できるから)使うというたぐいのことのように思えます。理科の時間に習った。燃焼(熱)エネルギーを運動エネルギーに変え電気エネルギーに変えるのは相当にロスがつきものです、と。そこまでしておいて、さらに逆をする便利と安心...。

 ただそんな達観したみたいな物言いもナンです。モノが出現したり消滅したりするさまは刺激的でおもしろい。きょうび「なくてもいい」は一方に有り余る物量の世界を必要としたわけで、じゅうぶんに前科があります。万博前の上海、その郊外開発の荒れようはかつての習志野か相模原か、みたいなディジャヴュでしたが、キモイとばかり言えません。土や溜まり水がケミカルな赤や青に染まっていたって開発が振りかけるマジックですぐに封印されてしまいます。

 露骨な経済競争はキモイというより煙い。遠ざけておきたいけれど、ねとねとまとわりついてきます。そういうさなか、たとえばただ大きいだけじゃなくなってきた(!)大国・中国の振る舞いを気にしつつも、それを対象化し、ある意味利用し契機とすることによって、自分(たち)の位置の価値の転換をはかるべしと思います。政界の構図が変更になった日本ですが、その後も「力のある経済」なんてのはいただけません。大袋のジュースの素みたいに目立つスローガンはなんじゃらほい、ですが、そこからずれた独立性のある「居場所」の確保・確立が急がれるということでしょう。

 居場所?それはもう庭(ガーデン)です。
 庭をこしらえ、そしてそこには通信塔を立てる。世界各所のちいさな独立国(=庭)との交信をわたしたちの居住文化を切磋琢磨する栄養とすべし、と考えます。

 旧字、草かんむりの下の「余」がやや気になります。
 「余」は旧字体が「餘」。
 山陽本線・在来線に「餘部(あまるべ)」という、兵庫県ですが、駅があります。ですが、この字じたいはもう使われていない、でしょうか。
 双方、字の出自は違います。が、「音が同じなので餘のかわりに余を使うようになった」と辞書に書いてあります。うーん、理由があるでしょ?です。
 「余」は広くゆったりとした建物の形をあらわした字で、「餘」は文字通り「食」と「余」とが組み合わさり、食物が余るほどあることをあらわす、のだそうです。

 余っても困る原始狩猟民ならともかく、一定の食のゆとりはアンシンであります。金銀財宝がじゃらじゃら、ということなど望む人はまれで、ある日お腹が空いて台所に立ち、ああよかったこれがあるじゃない、みたいに発見されるようなゆとり。そういうファミリー、そういう個人レベルのゆとりは、なんかカワイイ。
 これが社会・企業レベルになるとがぜんすざまじい字体いや事態に変貌するわけですね。

 オカネを貸す大会社・武富士が立ちゆかなくなりました。わたしは借りても返せないのでご縁はありませんでしたが、なにか社会の転換点である象徴的な現象でもあるような気がします。
 ふだん街を歩いているとビルのてっぺんにこういった貸金業の大看板が目に入ります。おお日本じゃ、みたいに感じるわけですが...。
 オカネで幸せが買えないとか言われます。それはまあ程度問題であって、そう言えなくもないと思ったりしますが、そもそもそういう思考とご縁がうすい。一方、オカネで食べ物が買えます。食べ物はつくるのではなく、買うものに、いやあ見事になっているなあ、とたまに感激というか感心します。オカネとお腹(生存)が直結している世界の色に地球はほぼ染まった、でしょうか。
 オカネで食べ物を買うととりあえずはお腹は満足するでしょう。オカネがなくてお腹が空いて死にそうになったら借りてでも食べなくっちゃ。なんというかお腹という牧歌的世界がオカネというヒリヒリした世界に乗っ取られる。いや「れて」久しい、ですか...。

 武富士とカンケーないですが、お寿司といえばここと決めてた店がしまいになりました。ごあいさつされていたので、お別れに行かなくっちゃと思いながらついに最終日、電話したら「ここしばらく混んでたいへん、予約無理、でも来てみて」というので行ってみると、ラッキー、座れる。
 淡々と、いつものね、で食べてさようならをする。お店で働く人たちの思いはさぞかし、だろうと察します。でもこちとらお気楽なもの。どこか代わりを見つけなくちゃね、なんて話をしながら...、いやあお寿司屋さん減ってるかも、ウマイかどうか別にすればスーパーにだってコンビニにだって寿司らしきモノは並んでいるし、回転寿司(回転レシーブみたいだな)には子連れでも行きやすいよねー・・・。

 気がつけば、なにかオカネとそれが対象にするモノとの関係が露骨に無骨になっています。払った分以上の(時には以下の)何か関係の空間とでもいうようなものが、なじみのお寿司屋さんには漂っているのに比べ、回転寿司には、牛丼屋、ハンバーガーショップも同じだと思うけれど直裁です。そこに居るということを特に考えないようになっている。ふーん、それがイイという向きもあるだろうかな...。
 モノも違うでしょうね。同じお寿司の形をしていながら、それは違うモノだ。はい、違うんです。寂しいよ。

 貸してくれるところがなくなったら、ナイ人はお腹をどうしよう。そういう時代に突入した、と思います。

 お茶といえばなんてたって明治の偉人・岡倉さんですが、そっちの話はちょいと宿題です。

(ナガタ・ま)

庭プレス・トップへ