USR05
 札幌市南区
■外張り断熱に使用したボード状断熱材の上(外側)で乾式タイル外壁の重量をきちんと支えること、パッシブ換気&暖房を極めること(床下空間をベタ基礎によって大きく確保・換気縦穴としての階段とトップの風光塔利用、小屋裏の十分な断熱とメンテスペースなど)、木造の2階部分に設定した大きな音楽室の性能等が課題となり試行錯誤があった。
 暖房は床下および2階各所に配したパネルラジエータ(灯油給湯器)による。天気の良い日は暖房を止めるとのこと。