2007年02月号
USOニュース
発行;庭しんぶん
庭プレス社
e-mail

070228 「農路」ができる
/ナガタ・ま
 札幌市議会は新たな都市計画マスタープランの主軸としての「農路」整備5カ年計画を承認した。これは都市内に勃興する農地をネットワークするもので、1、アスファルト路面の見直しと一般車両の乗り入れ制限、2,街路樹等道沿いの植物の高密度化と植栽を含める管理の住民委託、3、主要な「辻」に農的な広場を整備する、などがその中心になっている。計画の詳細検討、運用・実行については新たに委員会が構成され、農地を運営する市民に参加が促されることになる。

※フィクションです

070228 「庭の日」
/ナガタ・ま
 「庭の日」制定を公約のひとつに掲げて当選した札幌市の新市長・たまゲタ氏は先日の記者会見で行政が上から枠組みを決めるのもなんだね、ということで、その実行を率先して行っていく有志を募ることから始めたいと語った。これは毎月28日を「庭の日」とし、庭活動の活性化を目指す同時多発勝手的なイベントなどを推進しようというものであり、世界中から注目を集めている。
 ちなみに新市長は雪祭り、ビアガーデンの中止を主張しており、この計画はそれとセットであるという位置づけのようであるが、その実行は市議会で多数を占める保守派の抵抗がハードルになる。しかし新市長への市民の期待は相当に大きく、ヘタな抵抗を保守派がすれば次期選挙での自滅と見る見方が強い。

※フィクションです

庭プレス・トップへ